水素水と日本酒





日本酒の利き酒の世界では、「甘い」「からい」「すっぱい」など、そのまま味を表す言葉は、その味が強く出すぎているという意味の、否定的な表現として使われています。
繊細でデリケートなお酒の味を楽しむ場にあって、ただ「甘い」というような直接的な言葉は、よほど無粋なものに聞こえてしまうのかも知れません。
なお、水素水の世界でも、口当たりが良い、なめらか、など様々あります。
水素水でも、メーカーさんによって、美味しさがとても違うのですね。

なお、お酒ではほかに「きれい」(うすい味の場合の良い表現)や「さびしい」(こちらはうす味でも悪い表現)といった、感情表現に近い言葉もよく使われているようです。
さらには「ごくみ」や「まるみ」など、飲み慣れないとなかなか理解できないような、独特な言葉もたくさんあります。
下北沢の皮膚科の受付の人と言葉を交わした際、教えて頂いたのがの言葉です。
とあるホテル求人出身の利き酒師にならって、私もひとつ。おととい食べた手作り弁当、箱を洗わないまますっかり忘れて一昼夜、やっとさっき思い出して開けてみると、ある「香」が漂っていました。
みなさま、どんな感じか想像できますでしょうか?